仙台へ清宮がゆきます

砂絵工房『お年寄り』おきな清宮が、昔とったきねずかと、被災地仙台に建造物調査に一ヶ月行ってくるそうです。おきな清宮は一級建築士でもあるわけで。

一ヶ月とは、かなり腰をすえた調査になりそうです。健闘を心より祈ります。

おきな清宮とゲンゲ姫と4月29日千駄木で呑む。おきな清宮は現在、上原専禄と安部謹也にはまっているそうです。

安部謹也さんはちょっと読んだことがありますが上原氏のことは知りませんでした。お二人とも中世ヨーロッパ史の重鎮なのですね。阿部氏の『ハーメルンの笛吹き』についての考察はとても面白かった。得体の知れないものに連れ去られる恐怖と恍惚はなんとなく人をひきつけてやまないようです。

清宮も『笛吹き』についてゆかないように。おきなだとて油断は禁物ですよ。
[PR]
# by shojiyukie | 2011-05-03 11:09 | つれづれ

人物紹介

c0161913_10345517.jpg

[PR]
# by shojiyukie | 2011-04-29 10:34 | 砂絵工房紹介

工房

c0161913_10332728.jpg

[PR]
# by shojiyukie | 2011-04-29 10:33

リス園、その他

4月17日、町田のリス園に行った。
動物はたいてい好きだし、春という季節も好きであるから悪いわけはない。

え、これだけ?というくらいにリス園は狭かったけれどそれでも。

すぐ近くに池の有る広い公園があり、そこでお弁当を食べる。ミツバツツジ、連翹、たんぽぽやスミレなんかの春の花が咲いている。今日こそは、と決意してハト用のえさをたくさん持参したが、ハトはそんなにいなくてがっかりした。池の中央で亀が何匹も「甲羅干し」しているのを見る。かめの気持ちになってねっちり見ると、いかにもじんわり体か温まる心地がしてとても気持ちよさそうだ。こんど寒いときに思い出してみようと思う。

その後、小金井の野川にゆき、枝垂桜を見る。

枝垂桜は染井吉野より遅く咲くので、ちょうど満開で本当に綺麗だった。しかし、満開の桜はちょっと困った気持ちになるので、なかなかきっぱり見に来られないのだが、意を決して見にきたらばやっぱり綺麗、そしてやっぱり困った気持ちになってしまった。なりませんか?なるよね?

そうそう、リス園について何にも書いていなかったね。

よくある「ふれあい広場」様の囲われた敷地に人間が入り、ひまわりの種をリスにやることができる。リスに種を与えているさまは大人も子供もあまり変わらないようで変な感じがした。どちらかというと子供たちの方が冷静に見えた。私だけかも知れないけど。そこでその理由を考えてみる。

リスの歯は硬い木の実をバリバリかみ砕くだけのことはあって、とても丈夫でうっかり噛まれたら大事になるらしい。そのように園の入り口に書かれている。それをほとんどの大人は読むだろう。私だって読んだ。そこで「なべつかみ」のような手袋を借りることになる。これつけとけば噛まれませんよ。

リスの口の中は赤くて小さくて本当に愛らしいものだ。顔を上げて種をもらおうと口を開ける様はいじらしいようで勝手なようで、あれを何度か見ると噛まれるんじゃないか?というからだの強張りが自然になくなってくる。小さな子供らはきっと早い段階で、リスが口でそっと種を咥える様子を目の当たりにし、だからきっと余裕があり冷静なんじゃないかと思った。でかいお父さんたちは一番そこを見づらいからね、かなり屈まないと見えないから。だから「リスはかわいい」でも「噛まれるとおおごと」の認識の中だけで終わっちゃうんじゃないかな?ゆえに冷静ではないと。ちょっとこわごわ。

そこまで考えて、去年の暮れ世話になった居酒屋「きりん」のママの最後を見取ったことを思い出す。正確な最後に立ち会うことは出来ず、私は秋田に制作に行かねばならなかった。でもママが意識を失うちょっと前、ママの口に切ったお寿司を入れて少しずつ食べさせてあげたことを思い出した。ママがおいしそうに食べたこと、どのくらいの量を一度に上げたら無理がないのか、口を見ればすぐわかる。

死期が近い人を見舞うからだの強張りが確かに私にあったけれど、あのお寿司はよかった。たちどころにこちらの強張りが消えたのが解った。そのことにママも気づいていたかもしれない。今となっては確かめようもないが(笑)。

お父さんたち、たくさんの彼氏たち、リスの口の中をしゃがんで見てみるといいよ。怖くないから。案外そっと種を咥えて上手い具合に食べているから。がちっと噛まれるのは多分そのタイミングじゃないから。
[PR]
# by shojiyukie | 2011-04-29 06:53 | つれづれ

環境住宅プロジェクト

c0161913_13101315.jpg

[PR]
# by shojiyukie | 2011-04-27 13:04 | 環境住宅プロジェクト